CALFA NSS SYSTEM (カルファ・エヌエスエス・システム)
HOME サイトマップ お問い合わせ

NSS_PDFカタログ
SPAC_PDFカタログ
 
投入量早見表
 
 
 
 
 
 

ジオネラ属菌(レジオネラ)とは、土壌や河川、湖沼など自然界に生息する「細菌」の一種です。必ずしも温泉固有に生息しているものではありません。(温泉だから検出されると言う訳ではない) 近年では、空調設備の冷却塔水、循環式浴槽水、給湯器の水などに生息するバイオフィルム(生物膜)などに寄生、増殖し、深刻な問題となっています。

環式浴槽など水(湯) が停滞する「39度前後」(一般細菌よりも少し高い)の環境で増殖しやすいのですが、その水を飲んでも感染すると言うわけではありません。この水中の微粒な菌が、シャワー、湯気により空間中に飛散・霧状(エアロゾル)となり、それを人間が吸い込み「呼吸器より肺」に感染するとされています。

1976年にアメリカ合衆国ペンシルベニア州で米国在郷軍人会の大会が開かれた際、参加者と周辺住民21人が原因不明の肺炎にかかり、一般の抗生剤治療を施したにも関わらず最終的に34人が死亡。 これにちなんで、「在郷軍人病」と呼ばれています。

実は、 レジオネラ症( Legionellosis )には、在郷軍人病( Legionnaires' disease )と、ポンティアック熱( Pontiac fever )との二つの型があります。在郷軍人病( Legionnaires' disease )は、肺炎を含む「重症」の型であり、ポンティアック熱は「軽症」の型です。

本の場合、最も多く感染者が報告された季節は、「初夏」。 暑くてじめじめと湿度が高い梅雨のシーズンが、レジオネラ症の発生に関与しているのではないかとも考えられています。なお、1990年から2005年までに米国CDC (疾病管理・予防センター) に報告があった23,076人のレジオネラ症患者について分析した研究では、秋と夏に報告された患者数が多かったと言う事です。秋(9〜11月) が30%夏(6〜8月) が29%、冬が23% (12〜2月)、春(3〜5月) が18%。月別では、一番多かったのは8月(11.2%) で、一番少なかったのは2月(5.6%) と報告されています

私たちは、衛生管理の悪い「冷却塔・クーリングタワー」 (オフィスビルの冷房)が動き出す、または動いていて、飛散水が街・施設・居住空間に撒き散らかされる「季節」と深く関係しているのではないか?と考えておりますが、 ここでは、「温泉・温浴施設」のケースに特化して話を進めてまいりましょう。

 「冷却塔・クーリングタワー対策」 : 冷却塔からレジオネラ属菌を検出させない「7つのポイント」は  
 
状は2〜10日の潜伏期間を経て高熱、咳、頭痛、筋肉痛、悪感等の症状が起こる。進行すると呼吸困難を発し胸の痛み、下痢、意識障害等を併発する。症状が重い、「在郷軍人病」に感染すると 死亡率は最高で30% と報告されています。特に抵抗力の低い老人・子供は深刻な事態を引き起こします。 また、「持病」をお持ちの方(糖尿病患者・アルコール中毒症患者)・喫煙者は病状が急速に悪化しやすいとされています。
 
現時点で理由は解明されておりませんが、感染者(死亡率)は「男性:約8割」「女性:約2割」と圧倒的に「男性」が多く、感染者の平均年齢は「60.8歳」「中高齢男性」は特に気をつけていただきたいと思います。●男女の喉の形状の違い●男性は女性に比べて医療機関に行きたがらないので悪化する等、諸説いろいろと言われておりますが、明確には解明されておりません。
浴施設で感染する場合、基本的には「ジャグジー・バブルジェット・滝(打たせ湯)・シャワー)など温泉・お湯が「霧状」になった瞬間、大気中に飛散されます。

の霧状の状態を「エアロゾル」と呼びます。 温泉・浴槽水にレジオネラ菌が生息していた場合、レジオネラ菌は、エアロゾルに乗って人体の気道から 「呼吸器系(鼻・口)」 肺胞に侵入します。 従いまして、その「温泉」を誤って飲んでしまったからと言って、感染すると言う訳ではありません。 また風邪・インフルエンザの様に「人」から「人」へは感染致しません。

がてレジオネラ菌は肺胞内に存在する 「マクロファージ」に捕食されます。 マクロファージ (Macrophage)とは白血球の1種で、アメーバ状の細胞とお考え下さい。 通常、体内のマクロファージの役割としては、体に侵入した「細菌」 、「ウイルス」等を捕食し消化及び、分解をいたします。

かし、 レジオネラ菌は「通性細胞内寄生性」と言う特殊な菌なので、マクロファージの殺菌プロセスから逃れ、ある特殊な小胞を形成することで、分解されることなく細胞内に「感染」することが可能なのです。

 分解はもとより、マクロファージ内で「増殖」する能力があると言う点が「レジオネラ菌」の最も恐ろしい点でしょう。
環境保健部環境衛生研究科 東京都健康安全研究センター

(レジオネラの電子顕微鏡写真)
  肺胞のマクロファージ内で、1つから2つ、2つから4つと「倍々方式」で増殖するので、短期間の間に相当数の「レジオネラ菌」が肺胞内で培養され、やがて細胞を破壊し肺全体に深刻な炎症を引き起こします。
   
(外部リンク)
レジオネラ症感染の過程
ArkitekStudios
     
クローズアップ現代
NHK
 
   

上記、「クローズアップ現代」の特集の中で、強アルカリ泉に「塩素剤投入」の補完として
「紫外線殺菌装置」 を組み合わせた。と言う施設様が紹介されましたが、残念ながら
塩素は強い紫外線をあてると化学構造の分解が促進
 されます。 (構造が壊れます)

       


レジオネラ菌が「マクロファージ内部」で増殖して行く映像
 
        Legionella pneumophila
Timelapsevision inc.
   
足立区 マンション温泉からレジオネラ菌
TOKYO MX
 
 

切なお客様を「レジオネラ症感染」させてしまっては営業停止はもとより、新聞で報道、インターネットに店舗名が出ると半永久的に記録が消えません。 「あそこは危ないからやめた方がいい」と噂が広まり、集客・営業面で大打撃を受けてしまいます。

「患者から検出されたレジオネラ菌」と「施設から検出されたレジオネラ菌」がDNA判定において一致・立証された場合、「管理不十分」とされ、損害賠償営業停止、最悪のケース、施設管理責任者は、業務上過失致死などの刑事責任が問われる事もあり、経営的にも深刻な問題となります。 

また、最近では「温泉付きマンション」、「温泉付き別荘」、「温泉付き老人デイケアサービス施設」等も人気があり、思い切って「購入」、「契約」されている方も多いかと思います。

  ところが、設備の衛生管理と危機管理が少しずさんだったばかりに、「お子様」や「ご老人」がレジオネラ菌感染し亡くなられた場合、遺族の方は何とも「皮肉な結果」で「無念でやりきれない」思いでいっぱいでしょう。  それでは、この恐怖の「レジオネラ菌」。  一体、どの様な環境で増殖するのでしょうか?
   
  日本国内の一般的に多い「温泉(泉質等)」と、「レジオネラ菌増殖の条件・設備」を具体的に組み合わせて検証してみましょう。
   
 
   
   
※随時、アップデートして行きます。「お気に入り」 に追加しておいて下さい。
   
 
製品の 「技術」、「価格」、「施工の方法」等に関しまして、お気軽にお電話ください。 一般の方には、弊社の 「洗浄剤」・「殺菌剤」の
両方を ご使用いただき、行政の指導に沿った「正しい知識」「高い衛生意識」をお持ちの 『安全で模範的な施設』 をご紹介出来ます。
   
メールで相談する メールで相談する
CALFA NSSとは?暗号化殺菌 CALFA SPAC